鍵交換をする場合の基礎知識

鍵の調子が悪い場合は早めに交換しないと不具合になってしまい困ります。
鍵を抜き挿しする回数が多ければ多くなるほど、経年劣化します。
鍵穴がすり減ってくることもありますでしょう。
また、無意識に鍵穴の中に異物が入ってしまうこともあります。
いろいろな原因がトラブルを発生させるのです。
 
そして、鍵は複雑な構造をしています。
日頃からメンテンナンスをしておけば、トラブルに遭遇することも少なくなります。
鍵穴のコンディションが悪くなると、鍵そのものにも負担がかかってしまうから注意しなければなりません。
鍵が折れてしまったり、鍵穴から抜けなくなってしまったりします。
 
鍵のトラブルに遭遇した場合は鍵交換をしなければなりません。
自分で修理できればいいのですが、簡単にはいかないことが多いです。
鍵の劣化や破損は目に見えるものではないのです。
修理は難しいですが、急ぎの修理や交換をしてほしいでしょう。
そんな場合に役立つのが鍵職人・鍵専門業者・鍵屋です。
 
鍵のトラブルは、一般的に何らかの前兆があります。
抜きにくいとか違和感があるとかです。
修理をするほどのトラブルになる前に、早めに専門の鍵職人に相談すれば安心です。
 
●もっとも多いトラブルで鍵交換をすることになるのは、「鍵が抜けなくなること」です。

普段通り鍵を挿しただけなのに抜けない……そんな相談が多いようです。
どうして、こういったことになるのでしょうか?
 
・合鍵を作って、それを使っていた
・引っかかって違和感があったけど、強引に入れた
 
こういった理由が多いです。
合鍵の場合は特別な機械を使って鍵をコピーします。
ちょっとずつですが微妙なずれが出てきます。
マスターキーでなく、スペアキーを複製したら、余計に誤差が大きくなります。
 
違和感がある場合は簡単に考えないことです。
なぜならば、鍵穴に何か異物が入っているかもしれないからです。
鍵穴内部の部品がなにかの問題でずれているのかもしれません。
かなり長い期間にわたって使っている鍵を使っている場合は、早めに交換をしたほうがいいでしょう。
鍵が固くなってきたり、回りにくくなってきたり前兆があります。
違和感があれば、すぐに鍵専門業者や鍵職人・鍵屋に相談してトラブル回避をしておくべきです。
 
●次に、鍵が折れたり、空回りしたりすることです。
 
鍵の動作が固く感じたり、空回りしたりするトラブルがあります。
この場合の原因は経年劣化です。
鍵穴部分の内部構造は、とっても精密で細かい部品の組み合わせでできています。
こういった部分が鍵を抜き挿しして摩耗します。
 
使用する頻度にもよるのですが、10年程度経過すると鍵の不具合が起こりやすくなります。
そろそろ鍵交換のタイミングになります。
突然、鍵が折れてしまうと、ドアの開け閉めができません。
鍵が折れたら自分で修理することなどできません。
 
鍵を入れたときにひっかかるような違和感があれば危険信号です。
一度で鍵がかからなくなったり、回すときに違和感があれば、
修理したり交換したりするシグナルと考えましょう。
 
●次に、鍵穴に悪戯されたりすることです。
 
経年劣化の原因以外には、悪戯があります。
鍵穴に接着剤を入れられたり、ゴミを入れられたりです。
これも自分で修理はできません。
鍵職人・鍵師がいる鍵専用業者に相談しましょう。
24時間365日対応しているところならば、すぐに駆けつけてくれます。
 
簡単に直ると考えて、無理やり鍵を差し込むのはやめましょう。
細い棒などを使ってゴミを取り出そうとして逆に症状が悪化します。
そんな行為をすることで、鍵が壊れてしまうことも多いです。
 
もしも、鍵穴に詰まっているものが、小さなゴミや埃ならば掃除機で吸い込むことができます。
そんな風に簡単にできない場合は無闇にさわらないほうがいいです。
余計な鍵の修理になると金銭的な負担も大きくなります。
 
一般的に鍵修理に必要な金額は8千円から4万円です。
現場に来て貰ったらまずは見積もり金額を提示されます。
見積もりは無料でしてくれます。
ケースバイケースですが、場合によっては修理よりも交換のほうが安くなることもあります。


スマートキー紛失

車の鍵 複製

車の鍵 紛失 トヨタ
   
車の鍵 紛失 日産

鍵開け

鍵交換 宇都宮

鍵屋  宇都宮

鍵 宇都宮